インテリアナカガワ ブラインド
ブラインドについて

ブラインドは、スクリーンを降ろしたままで光の光量を調節出来るのが特徴です。
直射光や視線をカットしたり、シンプルに明るさを取り入れることが出来ます。
素材や色を選ぶ事でお部屋のポイントになります。

ブラインドの種類と取り付け

ブラインド取付

ブラインド
いまやオフィスなどだけでなく、一般家庭でも多く見られるようになってきたブラインド。カーテンと違い、くるっと調整すれば採光を角度によって変えることができるのが、一番の長所だと思います。
では、実際に今、どのようなブラインドが人々に利用されているのでしょうか?
ブラインド取り付けの際の注意点と一緒に、今回はブラインドの種類を中心に取り付けについてご紹介していきます。

 

ブラインドの種類

ブラインド種類

ベネシャンブラインド(横型ブラインド)
最初に、一番親しまれている横型のブラインドについてご紹介していきます。いわゆる、水平に組まれている薄い羽のような部分を回転させることによって、光の具合を調整するというものです。
横型ブラインドの場合、奥行きの設定が、ほとんどついている羽の長さでよくなりますので、取り付け場所の選択肢が増えることも魅力の一つです。また、操作方法もいろいろあります。

コード式
コードを回して、スラットと呼ばれる羽の部分の上げ下げや、角度の調節を行うことができます。

ロッド・コード式
コードのところに、ロッド棒がついているもので、このロッド棒を回すことでスラットを回転させ、調節ができるものです。

ポール式
ポールだけでスラットの上げ下げや角度の調整ができるタイプのものです。多くは引くか回すかで、調整方法が変わっていきます。

この他に、ロールスクリーン・プリーツスクリーン・ローマンシェード等があります。

 

ウッドブラインド

ウッドブラインド

木製ブラインド
木製の羽が水平に組み込まれていて、多くが自然の木を使用しています。木独特のおしゃれな雰囲気を演出してくれますので、色によっては和室などでも見劣りせずきれいに見えます。

ただし、他のブラインドと比べて重みがあるので、開閉などに時間がかかることがあります。おしゃれに決まる一方で、そういった短所があることも、ぜひ頭に入れておいてください。

 

ブラインドの取り付けについて

ブラインド取付について

注意事項
ブラインドを設置するにあたって、注意すべきこともあります。まずはつけ方ですが、これは「正面付け」と呼ばれる窓枠の外枠にブラインドを設置するものと、「天井付け」と呼ばれる窓枠の内側にブラインドを設置するものがあります。
それぞれ寸法の測り方や、印象も異なってきますので、気になることは業者や専門家に聞いてみることをおすすめします。

 

ブラインドリフォームの流れ
インテリアナカガワ 流れ
インテリアナカガワ 問い合わせ
インテリアナカガワ 挿し絵

Back to Top